• Home
  • AI新聞
  • 超音波を首に照射するだけでマインドフルネスに=Jeffery Martin博士

AI新聞 -AI WEEKLY- 人工知能の世界をもっと身近に AI新聞 -AI WEEKLY- 人工知能の世界をもっと身近に

超音波を首に照射するだけでマインドフルネスに=Jeffery Martin博士

  • 2020.11.23

SHARE

米TransTech Conferenceの共同主催者Jeffery A. Martin博士によると、頸部の迷走神経の叢に超音波を照射するだけで瞑想状態に簡単に入れることが分かった。

 

同博士は、仏教で言うところの「悟り」(心理学用語ではPNSE、継続的非言語体験)の状態に、テクノロジーを使って入れる手法を研究しており、脳の尾状核頭と呼ばれる部分などに超音波を照射することで深い瞑想状態に入れることは分かっていた。ただ脳に照射するには安全性の問題があり、専門家が立ち会う必要がある。

 

しかし首に超音波を照射するデバイスは肩こり用の製品が既に市販されており、今回、首へのピンポイントの刺激でも脳と同様の結果が得られることで、消費者向けの製品化のめどがついた、としている。

 

瞑想実践者に試してもらったところ首へ超音波を10分間照射するだけで、瞑想合宿で5日間連続して瞑想したあとのような意識状態になれたという。

 

また脳への二日おきの超音波照射を数週間試した米国の著名瞑想指導者Shinzen Young師によると、過去50年間で最も深い瞑想に入れたという。

 

Martin博士によると、悟りや瞑想目的での利用はこのデバイスの可能性の「氷山の一角」に過ぎず、てんかんやアルツハイマーの治療など、脳神経にかかわる多くの疾患の治療に役立つ可能性があるとしている。

 

 

【関連記事】

脳神経を制する者は身体を制す、ニューロモジュレーションの現状と未来=TransTech2019から

 

投資家が選んだTransTechプロダクト4選=瞑想アプリからブレインインターフェイスまで

 

人類の意識進化を促進。脳への直接刺激技術にブレークスルー、10年以内の実用化目指す=TransTech2019から

 

テクノロジーで瞑想を不要に TransTech Conferenceから

 

瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?TransTech Conferenceから

 

瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?TransTech Conferenceから

 

「悟りってどんな状態?」悟った50人に心理学的手法で詳しく聞いてみた結果とは TransTech Conferenceから

 

マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す自己超越とは TransTech Conferenceから

 

「元気をもらう」の正体は心臓から出る電磁場 TransTechカンファレンスから

 

超音波を首に照射するだけでマインドフルネスに=Jeffery Martin博士

 

人は経験でしか変わらない AIがゲーム、VRと合体し、人類を進化させる未来

 

 

 

 

 

 

湯川鶴章

AI新聞編集長

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。