exaCommunity

exaCommunity exaCommunity exaCommunity exaCommunity

AI新聞 -AI WEEKLY- 人工知能の世界をもっと身近に AI新聞 -AI WEEKLY- 人工知能の世界をもっと身近に

量子コンピューター実用化に貢献した企業に100万ドル=米Rigetti社

  • 2018.11.1

SHARE

量子コンピューターは、ビジネスの世界でいつ実用化されるのだろう。実用化は「量子アドバンテージ」が達成されたときから一気に始まると言われている。

量子アドバンテージとは、実社会の課題をこれまでのコンピューターより①精度よく、②より速く、③より安く解決できるということ。生物学や科学、機械学習の分野で、量子コンピューターは既に実験的に使われ始めているが、より大事なのは実社会の課題に対しコストパフォーマンよく利用されるということ。実社会の課題を解決して初めて、量子コンピューターの時代が始まったと言える。

その量子アドバンテージの時期を少しでも早めようと、量子コンピューターベンチャーの米Rigetti社が、量子アドバンテージの達成に貢献した個人や企業に賞金100万ドルを贈る「Rigetti量子アドバンテージ賞」プロジェクトを発表した

Rigetti社では、量子アドバンテージを達成するには3つの要素が不可欠だと考えている。1つは量子コンピューティングのハードウェア。それはRigetti社が、同社のクラウドサービスQCSプラットフォームを提供する考え。

2つ目は、実社会における課題。どのような社会課題が量子コンピューターで解決できるのか。同社では2019年に、量子コンピューターで解決できそうな社会課題の最初のリストを発表するとしている。

3つ目は、Rigetti社のハードを使って社会課題を解決するのに必要なソフトウエアや、それを開発する開発者のコミュニティ。このコミュニティで大きな成果を挙げて、量子アドバンテージを達成することができた個人や企業に賞金を贈るのだという。

Rigetti社は、あと2年から5年で量子アドバンテージが達成されると予測している。

このあと、どのような社会課題が提示されるのか。そして実際にそれが本当に2年から5年で解決されるのか。Rigetti量子アドバンテージ賞の行方を見守っていきたい。

 

湯川鶴章

AI新聞編集長

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

ABOUT

ご入会いただくと、AI新聞のすべてのコンテンツに加え、
国内外の最新AI活用事例等の会員限定コンテンツもチェックできます。
また月数回開催している会員限定イベントに何度でも参加可能。
詳しくはエクサコミュニティサイトでチェック!