exaCommunity

exaCommunity exaCommunity exaCommunity exaCommunity

AI新聞 -AI WEEKLY- 人工知能の世界をもっと身近に AI新聞 -AI WEEKLY- 人工知能の世界をもっと身近に

「No Rules」脅威のネットフリックス企業文化のレビュー動画

  • 2020.10.19

SHARE

会社は家族ではなく、プロの球団。スター選手だけを集めて、率直に意見を言いあえる雰囲気にすれば、互いにいい影響を与え合い、組織の推進力が激増する。3+3=6ではなく、3 x 3=9もしくは3の3乗の27になるという。

 

仕事はお金もうけのためにするものではなくなり、超優秀な仲間と組むことで、1人では到底到達できそうもない高みにまで進むことができる。それが楽しいので、仕事をするようになる。

 

米Netflixが目指す企業文化って、こんな感じなのだと思う。

 

確かにそれは、仕事の究極の理想形なのかもしれない。

 

ただだれもが自分の可能性を最大限に引き出したスーパースターの状態になっているわけじゃない。欲や恐れの意識状態から抜け出せていない人も多い。「ふつーに問題を抱えた」普通の人も混ざる中で、具体的にどんなふうにすれば理想の企業文化に到達するのだろう。

 

スーパースターでない人には多額の退職金を渡してやめていってもらったり、その地域の人たちの特色や民族性を考慮して、度を越した率直な意見交換には特別の配慮をしたり。そんな工夫について、書かれている本だ。

 

動画にまとめました。

 

 

 

 

 

湯川鶴章

AI新聞編集長

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。